• 匠という字を良く見かけるようになりましたね。

    優れた技術をもつという意味があるようです。

    大工さんを指しているとも言われていますよね。

    大工さんというよりも匠と言われると響きが良く、腕が良いのではという感じがあります。

    最近、大工さんや工務店という言葉も少なくなっています。

    慣れ親しんだ名前から匠建という表示に変わり、途端に評判があがるという話も聴きます。

    お店の表示を変えただけで評判が良くなるというのは、不思議ですが良くある話です。

    飲食店でもお店の名前を変える、メニューのネーミングを変えるなどの工夫をしています。

    すると不思議に人気が出るという場合があるそうです。

    ネーミング、これほど大きな意味を持つとは驚きです。

    町を歩いていても、お店の名前が変わっているとついつい足を止めますものね。

    匠建というネーミング、これからも流行りそうですね。

    ネーミングだけでなく技術も高められるとさらに評判があがり良いでしょうね。

    名前に負けないお仕事をされることを願います。

    家を建てる、建て売り住宅を購入する、リフォームをするとなると、大工さん、工務店や建設会社を考えます。

    日本では古くから大工さんが家を建てるという事が当たり前でしたので、大工の棟梁の腕前で評価をしていたのではないかと思います。

    日本家屋から現代の家造りに変化し、大工の世界も変化しています大工という枠ではなく建設業という枠で捕らえられるようになり、技術的にも変化し進歩していますね。

    信頼の出来るところ、安心出来る業者を選びたいと思うのは当然ですよね。

    私の家も父が建てて35年を経過しています。

    塗装がはげる、瓦が古くなっている、キッチンが汚いなどの問題がありリフォームを考えています。

    家を建てた時の大工さんは年をとり廃業したとのこと。

    そこで近所では評判も上々の匠建という会社に依頼する事にしました。

    私が依頼した匠建の会社はこちらです。

    匠建の評判をチェックしてみよう

    こちらの会社は真面目に仕事に取り組み、技術も良いという評判でしたのでお願いをしました。

    評判通りのお仕事をしてくれたと母と話をしています。

    長いお付き合いが出来そうです。